本文へスキップ

眞彦鉄道 製作記


『製作日誌』のコーナーでは、架台製作、線路敷設、
ストラクチャー設置、照明取付けなどをご紹介します。



(1)LEDの種類
(2)テープLEDの消費電流を実測してみた 〔2018/5/12更新〕

(3)遂に2mm径の砲弾型LEDを見つけた〔2018/10/11更新〕






(1)LEDの種類

・LED照明には、サイズ、発光色など色々な種類があります。
・眞彦鉄道で使用しているものの一例をご紹介します。


左から、
@表面実装用LEDチップ(1.6×0.8×0.4mm)
A表面実装用LEDチップ(3.0×1.4×0.52mm)
B表面実装用LEDチップ(3.2×2.8×0.3mm)
C表面実装用LEDチップ(6×5×2.3mm)
DLED発光ダイオード(3mmΦ)
ELED発光ダイオード(5mmΦ)
FLEDテープ



@表面実装用LEDチップ(1.6×0.8×0.4mm)点灯状態

B表面実装用LEDチップ(3.2×2.8×0.3mm)点灯状態



ELED発光ダイオード(5mmΦ)点灯状態

FLEDテープ点灯状態



FLEDテープ

F点灯色違い(LEDテープ)



照度は抵抗により調節するため、10Ω~10KΩまで各種揃えています。

(2)テープLEDの消費電流を実測してみた 〔2018/5/12更新〕
 ・室内灯に「テープLED」を利用すると、消費電流が大きく、長い編成では
  パッワーパックの容量を越えてしまう心配があるとの話もあります。
 ・そこで、本格的に室内灯の自作に取組む前に、定電流ダイオード有無による
  「テープLED」の消費電流の違いを実測してみました。
 ・また、樹脂モールドの有無による「光源拡散効果」観察しました。
 ★結果は、以下の動画をご覧ください。

 写真をクリックすると動画が始まります




(3)遂に2mm径の砲弾型LEDを見つけた〔2018/10/11更新〕
  ・交通信号機用にチップLEDではなく、砲弾型発光ダイオードを探していたら、
   Amazonで見つけました。
  ・evermodeとが出している、教育用DIYセットです。l
  ・前面サイズはOKなのですが、後ろ側が大きすぎてどう使うかが・・・

上側左から、5mm、3mm、3mmつば無し
下側左から、DIYキットの先端2mm(緑、黄、赤)

1/150スケールの道路信号機とのサイズ比較
左上から、3mm、3mmつば無し、5mm、2mm

2mmを取付けてみました。

DIYセットの信号機カバーに取付けると、こんな感じに
 ・もう一方で、チップLEDでも、先がドーム型のものを見つけました。
  サイズはOKなのですが、発光しない状態では無色ですので、単色点灯用には使えるかもしれません。


上が2mm砲丸型、下はドーム型チップLED

ドーム型チップLEDを取付けた裏側

後ろの出っ張りは無い

後ろの出っ張りが大きい



製作日誌(2)のトップページに戻る