本文へスキップ

眞彦鉄道 製作記


『製作日誌』のコーナーでは、架台製作、線路敷設、
ストラクチャー設置、照明取付けなどをご紹介します。


市街地エリア

高級住宅地・セクション
 

・やっと庭園付きのお屋敷が完成しました。==>こちらから [2015年5月15日更新]
・アプローチ道路に街路灯を設置しました。==>こちらから [2015年5月29日更新]
・桜並木を植樹しました。==>こちらから [2015年6月1日更新]



Before                     After


(1)高台の造成

20mm厚のスチレンボードで台地を造りました。

ベースも20mm厚なので、2倍の厚みになりました。 ヤード側は45度の斜面にしてあります。この台地の部分には、大きな庭園風の庭があるお屋敷が建つ予定です。 誰が住むことになるのでしょう?

(2)アプローチ傾斜道路地の造成

スチレンボードを削って傾斜地を形成しました。

緩いカーブを描いた道路に削り出し、道路東側(左側)の住宅地は道路傾斜に合わせて段々にしました。台地の南側(上側)の端は約30度の傾斜に加工し、全体を軽量石膏粘土で仕上げました。
中央下側に見える凹みは、後で池を造ります。

(3)ベースの塗装と道路設置

道路をニュートラルグレー、緑地をグリーングレーのカラージェッソで塗装しました。

1mm厚の紙貼りスチレンペーパーに着色した道路を貼り込みました。

(4)ガードレールの設置と住宅の仮置き

道路谷側にはガードレール、住宅側にはガードフェンスを設置しました。

眞彦鉄道用地との境には、コンクリート柵が張り巡らされています。


お屋敷の門と塀は、芝生を植えた後に設置します。

ヤード側から見た庭付き高級住宅地です。

(5)建物内の照明工事 

洋館風建物の車寄せにもスポット照明を点けました

庭園が未完成ですが、夜景もイメージ通りです
 建物毎の照明点きPhotoはこちらこちらからご覧ください。

(6)お屋敷の門・フェンス、芝生、花々の設置 

お屋敷の庭園には濃い緑の芝生が、周囲の傾斜地には色の薄い雑草が生えています。
真ん中の黄色いマスキングテープを貼ってある所が池になります。少し大きすぎたようですが、まぁ~
何とかなるでしょう。

南側から見たお屋敷全景です。左右と後側に植樹し林で囲まれる計画です。

取付け道路から見たお屋敷です。思っていた以上に良い雰囲気が出て来たようです。


(7)お屋敷庭園の仕上げ 

ドローンからの撮影?

・庭園内道路に白目グレーの砂利を敷き、池に水を入れました。(本物の水ではなく、特殊な樹脂を流し込み水面を表現しています)
・園内道路の脇に、ガス灯風街灯を設置しました。
・最後に、お屋敷の周囲に針葉樹を31本植樹しました。


落ち着いた雰囲気が出ていると思います。

夜景もまた良し。


池に、玄関のスポットライトが反射しています。


(8)アプローチ道路に街路灯を設置 New!
     ※街路灯の製作はこちらをご覧ください。

夜景の雰囲気が濃厚になってきました。

昼間もまた良し。



(9)アプローチ道路に桜並木を植樹

桜並木の完成です。


桜並木の脇を、「ゆふいんの森」が
駆け抜けて行きます

夜桜がイマイチですね。街路灯と木の高さの
問題かな〜。スポット照明を検討してみます。


残念ながら、サクラの木でお屋敷の全景は見えません。

絵としては、こちらの方が良いかも。





                                                     製作日誌のトップページに戻る